離婚の流れについて

■当事者による離婚協議

離婚問題については、まずは当事者で話し合っていただき解決することが原則です。当事者の話し合いで離婚することに合意すれば、離婚届を区役所・市役所に提出すれば離婚が成立します(後々のトラブルを避けるため、できることなら離婚協議書を作成するようにしましょう)。

しかし、「もはや相手方と直接話し合えるような夫婦関係ではない」、「相手方が話し合いに応じようとしない」、「性格上、自分が話すと相手の言いなりになりかねない」、「専門家が関与しない話し合いでは後でトラブルにならないか心配である」という方も沢山おられることと思います。

そこで、このようなお悩みをお持ちの方は、離婚弁護士 相談Onlineを運営する一途総合法律事務所の弁護士にご相談下さい。当事務所の弁護士は、ご相談者の代理人として相手方と話し合い、ご相談者にとって最善のサポートをいたします。代理人となった弁護士と相手方の交渉がまとまり、双方が離婚に合意した段階で、後々のトラブル防止のため、弁護士が合意内容に基づいて離婚協議書を作成します。その後、離婚届を区役所・市役所に提出し離婚が成立することになります。

★協議離婚の流れ★

●夫婦間で離婚協議(話し合い)→●協議成立(離婚に同意)→●離婚協議書作成→●離婚届提出

■離婚調停

当事者間の離婚協議がまとまらなかったり、そもそも話し合える状況ではない場合、離婚を求めて家庭裁判所に家事調停の申立をすることになります。家事調停は、裁判官と2名の家事調停委員で構成される調停委員会が、夫婦双方の話を聞いて意見を調整し、裁判所の仲介のもと話し合いにより結論を出そうという手続です。

家事調停による話し合いがまとまり、離婚することに双方同意すれば、離婚すること及び離婚条件が記載された裁判所の調書が作成されれば調停が成立し離婚も成立することになります。

「一人で調停に行くのは不安である」、「相手方に代理人がついているので不利にならないか心配だ」、「調停で自分の精一杯の主張がしたいが何を話していいのか分からない」、「調停委員が自分の話を聞いてくれないような気がする」という悩みをお持ちの方は、離婚弁護士 相談Onlineを運営する一途総合法律事務所の弁護士にご相談下さい。当事務所の弁護士は、ご相談者の皆様の代理人として調停手続をサポートします。

★調停離婚の流れ★

●夫婦間で離婚協議(話し合い)→●協議不成立→●離婚調停申立→●合意内容を調停調書に記載→●調停成立→●10日以内に離婚届を提出

■離婚裁判

調停での話し合いがまとまらず、調停が不成立になった場合、離婚するためには離婚の裁判を提起することになります。離婚裁判で離婚が認められるためには、法律で定められた離婚原因を証拠に基づいて具体的に主張しなければいけません。これらの主張が認められれば、裁判所は離婚を認める判決を言い渡し、離婚が成立します。

「どのような事実を主張すればいいのか」、また、「どのような証拠を集めればいいのか分からない」というお悩みをお持ちの方は、離婚弁護士 相談Onlineを運営する一途総合法律事務所の弁護士にご相談下さい。離婚裁判における手続や証拠収集の経験豊かな当事務所の弁護士が、ご相談者の皆様の代理人として裁判手続をサポートします。

★裁判離婚の流れ★

●夫婦間で離婚協議(話し合い)→●協議不成立→●離婚調停申立→●調停不成立→●不成立の調停調書作成→●家庭裁判所に離婚訴訟を提起→●判決→●10日以内に離婚届を提出

離婚問題でお悩みの方は離婚弁護士 相談Onlineの弁護士に是非ご相談下さい。

離婚相談メニュー

ご相談・ご依頼事例

離婚相談のご予約・お問い合わせ

離婚弁護士 相談Online(一途総合法律事務所)への電話での予約・お問い合わせ 離婚弁護士 相談Online(一途総合法律事務所)へのメールでの予約・お問い合わせ

離婚弁護士 相談Onlineでの法律相談は、一途総合法律事務所(東京都港区南青山:青山一丁目駅徒歩1分)にお越しいただいた上で面談形式で行います(電話・メールでのご相談は行っておりません)。

離婚弁護士 相談Onlineへのご相談を希望されるお客様の面談日時の予約・お問い合わせについては、電話、メールのいずれかの方法でお願いいたします。

著作物等のご紹介

遺言書作成・遺言執行実務マニュアル

トラブルとクレームに勝つプロの交渉術

民事弁護ガイドブック

会社・経営のリーガルナビQ&A

スムーズな清算・再生のための倒産手続選択ハンドブック改訂版

改訂版交通事故実務マニュアル