財産分与について

■財産分与とは

財産分与とは、夫婦が婚姻期間中に築いた財産を夫婦の共有財産と考えて、その名義に関わらず離婚の際にそれぞれに分けることをいいます。 相手方の名義となっているものでも、共有財産といえるのであれば財産分与の対象となりますので、離婚を考えたら、まずは夫婦の財産状況を把握する必要があるでしょう。財産分与には @婚姻期間中の夫婦共同財産の清算的性質、A離婚後の生活費等の援助としての扶養的性質、B離婚に伴う慰謝料性質という3つの性質がありますが、その中心は専ら@の清算的性質として考えられます。

■財産分与の対象となる財産について

婚姻期間中に夫婦で築いた財産といえるのであれば、その名義に関わらず財産分与の対象となる共有財産になります。この共有財産には現金・預貯金・不動産といったプラスの財産だけではなく、住宅ローンやその他の負債といったマイナスの財産も含まれますので注意して下さい。

ただし、結婚する前から持っていた財産や、夫婦の一方が相続により取得した財産や親族などから贈与を受けた財産は、婚姻期間中に夫婦で築いた共有財産とはいえませんから、特有財産(夫婦の一方の個人的な財産)として財産分与の対象にはなりません。

■財産分与の清算割合について

財産分与の清算割合については、原則として夫婦の寄与度をそれぞれ50%として考え、扶養的性質や慰謝料的性質、特段の事情の有無を考慮しながらその割合を決めることになります。

財産分与でお悩みの方は離婚弁護士 相談Onlineの弁護士に是非ご相談下さい。

離婚相談メニュー

ご相談・ご依頼事例

離婚相談のご予約・お問い合わせ

離婚弁護士 相談Online(一途総合法律事務所)への電話での予約・お問い合わせ 離婚弁護士 相談Online(一途総合法律事務所)へのメールでの予約・お問い合わせ

離婚弁護士 相談Onlineでの法律相談は、一途総合法律事務所(東京都港区南青山:青山一丁目駅徒歩1分)にお越しいただいた上で面談形式で行います(電話・メールでのご相談は行っておりません)。

離婚弁護士 相談Onlineへのご相談を希望されるお客様の面談日時の予約・お問い合わせについては、電話、メールのいずれかの方法でお願いいたします。

著作物等のご紹介

遺言書作成・遺言執行実務マニュアル

トラブルとクレームに勝つプロの交渉術

民事弁護ガイドブック

会社・経営のリーガルナビQ&A

スムーズな清算・再生のための倒産手続選択ハンドブック改訂版

改訂版交通事故実務マニュアル